稼いだお金に動いてもらえば資産は増える

物件の売却

商談

資産運用の初心者にとって、挑戦しやすい不動産投資の成功は最後の売却まで達成してこそ成功だといえます。
初心者だからこそわからない、売却のために必要なコツは資産価値を高める努力にかかっています。
資産運用の中でもサービス業的な要素が強いマンション投資だからこそ、売却するときは次のオーナーが喜ぶように状況を展開できれば、自然と高く物件が売れて収益につながるでしょう。

そして、資産運用としてマンションを購入した時に投資初心者が気をつけるべきことは、その物件を次に買ったオーナーが客付けすることができて収益を期待できるかどうか、という点に集約されます。

資産運用の世界に、初心者かどうかは関係ありません。そこに関係有るのは、結果だけです。
初心者が扱っていた物件だからと高く買い取ってくれることもないため、資産価値をいかに高めるかは資産運用の初心者の段階から重要です。
そして、資産価値を高めるためには投資物件として購入する意味を見出させることが必要です。

例えば、すでに入居者が満員で経営されている物件であれば、次のオーナーも収益を期待して購入しようとしてくれます。
区分所有者であっても、入居者がいる状態で売るのといない状態で売るのとでは、雲泥の差があります。
ですから、きちんと売却するときには入居者がいる状態で物件を売るのが重要です。
自分で客付けをしないでいいということは、購入した当初から家賃収入が入るということでもあります。
マンション投資は家賃収入がなければプラスにならないため、入居者が有ることは絶対必須条件です。