稼いだお金に動いてもらえば資産は増える

投資専用の口座を作成

業務

資産運用の初心者にとって、投資によって収益を得ること自体が難しいことだと感じることは間違いありません。
右も左も分からない状態から手探りで挑戦して、やっと得た収益を手にした時の喜びは非常に大きいです。
そして、その収益を活用していこうとした時にやってくるのが、収益に対する課税です。
株や投資信託を活用して得た収益にかかる税金をなくすことができるNISAという制度があるため、初心者がこれから投資を始めるのならば利用して損はありません。
様々な銀行が提供しているサービスであるため、資産運用をこれから行う初心者も、今資産運用を挑戦している最中の経験者も、NISAを見逃す手はありません。

株や投資信託の取引を行う場合、専用の投資用銀行口座を利用する必要があります。
その時に、NISAと呼ばれるタイプの口座を利用して取引を行うと年間で100万円までの非課税投資枠が手に入ります。
この100万円を元手にして購入した投資対象で得た収益は、課税対象になりません。
2014年から、株や投資信託の収益である配当金や増収による利益には、その2割が課税対象として徴収されるようになりました。
それ以前から1割の増税であることを考えても、投資を行うにあたって厳しい増税です。初心者にとっては十分二の足を踏む理由になります。
だからこそ、その救済策としてNISAを利用することができるようになっています。
資産運用を初心者のうちから勉強をしていくにあたって、NISAの存在は必ず目をつけておきたいことだと断言できます。